作成管理画面から1回のPDFファイルをアップロードするだけでPC用電子ブック、iPad,iPhone,アンドロイド用電子ブックが自社専用の電子ブックストアアプリ(IOS、アンドロイド)に自動的に反映されます。またiPad,iPhone,アンドロイド用単体電子ブックアプリもAppStore、Google Playへの登録申請までできます。

電子ブック・カタログ作成画面にログイン

電子ブックの制作はインターネットに接続している状態でweb上から行います。まず電子ブック作成管理が面のURL(これはお客様希望のドメインで可能です)から弊社から発給されたID/PASSでアクセスすると上記のような作成初期画面が表示されます。
制作ソフトをPCにインストールする方式ではなくウェブ上でどこでも、どのPCでも作業ができるクラウド型のサービスが弊社の電子ブック作成ソフトの特徴となります。

制作開始選択ボタン

電子ブックを作成するに当たって最初に選択する部分は「簡単制作」か「オプション制作」になります。「簡単制作」は電子ブック内にリンクや動画挿入、音声挿入、などの作業をしないで単なるページそのままの電子ブックを作成する場合はこの「簡単制作」となります。また、電子ブックのページ内にリンクを競ってしたり動画、音声、パスワード、バックナンバー機能、フラッシュ効果、目次、キーワードなどを挿入したい場合は「オプション制作」をクリックしてそこから制作を開始することになります。

基本情報入力

制作開始選択ボタンを押してから制作が開始されます。まず「基本情報入力」となります。ここでは電子ブックのタイトル、電子ブックのロゴ設定、壁紙デザイン設定、カテゴリーの選択、立ち読み機能の設定などができます。PC版の電子ブックのみ使用できる機能とiOS,Android電子ブックアプリだけで使用できる機能を区別して選択することができます。
作成方法や作成過程についての説明は次のページの「デザイン設定」「ページ生成」の機能説明を参照してください。

電子ブックの管理

作成された電子ブックは制作管理画面のトップページに自動的に表示され管理することができるようになります。作成した電子ブック・カタログ名とページ数、生成日などが表示されます。また事前にカテゴリーを設定したおけば、そのカテゴリーごとにも電子ブックが整理され、大量の電子ブック・カタログを生成する場合はとても便利です。また生成した電子ブック・カタログの検索も可能です。

電子ブック公開・非公開

作成された電子ブックは制作管理画面のトップページに自動的に表示され管理することができるようになります。作成が終了すると電子ブックはデフォルトで非公開になって、公開がされていません。すなわちPC版電子ブックですとウェブ上で表示されていません。電子ブックストアーでも表示されていない状態になっています。これを管理画面から「公開」に設定すると同時に自動的にPC版電子ブックはウェブ上で表示され、電子ブックアプリは電子ブックストア(iOS,Android)に表示されるようになります。

電子ブックアプリ申請

電子ブックストアーアプリを通してスマートフォンなどのディバイスで閲覧するのではなく、ひとつの単体の電子ブックアプリとして制作した電子ブックをアップルストアーやGoogle Playに登録申請をして、有料・無料で配布することができます。
作成管理画面から簡単にアップルストアーおよびGoogle Playへの登録申請ができます。単体電子ブックアプリの登録サービスは別途オプションとなります。

電子ブックアプリ登録申し込み方法

電子ブックストアーアプリを通してスマートフォンなどのディバイスで閲覧するのではなく、ひとつの単体の電子ブックアプリとして制作した電子ブックをアップルストアーやGoogle Playに登録申請をして、有料・無料で配布する場合の申し込み代行サービスです。アップルストアーの場合は審査があり2週間ほどで承認がされます。Google Playの場合は審査がないのですぐ反映されます。アプリ名、アプリの説明文、カテゴリ選択、キーワードなど記入し、アイコンの登録などができます。

PC版電子ブックのダウンロード

作成されたPC版電子ブックを自分のパソコンにダウンロードすることができます。ダウンロードした電子ブックはインターネットにアクセスしていなくても閲覧ができます。ダウンロードした電子ブックはCDなどにコピーして配布することもできます。また有料コンテンツとして電子ブックを販売することもでき、DRM(著作権保護プログラム)も別途に設置することも可能です。

リンク確認機能

作成されたPC版電子ブックを簡単にホームページにリンクをかけることができます。「リンク確認」ボタンをクリックするとリンク設定するためのタグが表示されますので、それをコピーしてホームページに貼り付けるだけでリンクの設定が簡単にできます。

カテゴリー登録・管理機能

多数の電子書籍やカタログを制作する場合、カテゴリーを生成させ分類・検索することができる機能が標準搭載されています。事前にカテゴリを決めることができ1次カテゴリーの中に2次カテゴリの競ってもできます電子ブックを生成するときにカテゴリを選択しておけば、電子ブック・カタログの整理が簡単にできます。

アクセス解析

作成された電子ブック・カタログのアクセス解析ができます。時間、曜日、日別、月別ごとのアクセス数が一目でわかるようになっています。
アクセス解析機能が基本装備となっておりますが、Google Analiticsを管理画面から簡単に連動させることもできます。電子ブック・カタログのアクセス状況をページ単位で分析することができます。Yahoo,Googleなど検索エンジンへヒットさせることもできます。